アパートの外壁塗装をする時に考えるべき事とは?

アパートの外壁塗装

こんにちは、不動産投資家マンタです。

 

このブログに辿り着いたという事は、不動産投資をしている投資家である可能性が高いと思うのですが、不動産投資家には悩みがつきものなんですよね。

 

そして、そんな中でも、大きな悩みの1つになるのがアパートの外壁塗装ではないでしょうか?

 

そこで、今回はアパートの外壁塗装において気をつけるべき事を不動産投資家目線で書いていこうと思います。

 

 

色を決める事は意外と重要

 

これはあると思うんですよね。築古のアパートとかだと、昔っぽい感じの茶色とかそういった暗い色を使っている人が多いなという印象を持っているのですが、

 

私の個人的な意見だと、そういった色に再びアパートを外壁塗装するのはどうなのかな?と思うところがあるのです。

 

外壁塗装をする時とかって業者さん側の心理として「後でトラブルにならないように前と同じようなものにしたい」という心理があると思います。

 

もちろん、現色が気に入っているのであれば、それでも良いのですが、最近の他の投資家さんを見ていたり、ポータルサイトで反響のある物件を見ていると、

斬新な色で小綺麗な外壁塗装をしているアパートが多いように思います。

 

皆さんの中には、「一般的な色で地味な方が良いよ。」と思っている方もたくさんいると思うのですが、入居者の心理としては、

 

「物件を買うわけではないし、多少派手でも面白いかも」という心理になるわけなんですよね。自分の持ち家であれば、

 

あまり奇抜なものにはしないという事が一般的なのですが、アパート等の賃貸物件になってくると、話は変わってくるものなのです。

 

私は所有しているアパートとかでも、奇抜な色って存在しているんですよね。一番奇抜なものとかだと、黄色を使ったものもあるんですよね。

 

それくらい、アパートの外壁塗装であれば、ある程度遊び心を取り入れても良いのです。

また、アパートの外壁塗装とかだと、ホワイトを使う人が多いのですが、不動産投資という視点で考えた時にはあまり好ましくないかな?と思います。

 

もちろん、塗装後数年は綺麗なのですが、何年か経ってきてしまうと、次第に色褪せて汚い印象になってしまう事が多いんですよね。

 

白だと汚れが目立つ可能性が高いのです。私であれば、黒でシックな感じの仕上がりとか人気ですし、青とかで北欧っぽく、

北欧

 

こんな感じでも良いですよね。

 

また、個人的には、ホームテック株式会社さんのカラーシミュレーターとか使い勝手が良いので、こういったものを使って想像してみるのも良いのかな?と思います。

カラーシミュレーション

引用:http://www.hometec-inc.com/13046-2/

 

また、アパートの外壁塗装の見本とかも業者さんに言えばもらえる事も多いと思います。私も大きな見本表を実際に持っているのですが、

建築系の知り合いがいるのであれば、そういった人にまずは頼んでみましょう。

 

外壁にどんな材料を使うのか?

 

 

これもアパートの外壁塗装を考える時には材料に関しても考える事が必要になってくると思うんですよね。

主にアパートの外壁塗装にはどんなものが使われるのか?というと、

 

  • ウレタン塗料
  • シリコン塗料
  • ラジカル塗料

 

になってくると思うんですよね。

一般的にウレタン<シリコン<ラジカルの順番で耐久時間が短いのですが、やはりそれに比例して価格も上がってきてしまうのが、現実なのです。

 

だからこそ、「どの程度保有するのか?」というところから逆算して考える事が大切だと思うんですよね。

 

長期で保有する事を考えているのであれば、ある程度高いものを使ってみても良いと思いますし、短期で売買する時や、物件のお化粧程度なのであれば、

そこまで高いものを使う必要はないと思うんですよね。

そういったアパートの外壁塗装の材料とかでも、不動産投資家としての判断が重要になってくるのです。

 

また、実際に物件を見てみる事も非常に大切な作業の1つだと思うんですよね。ウレタンだとどのような仕上がりになるのか?

数年経ったものはどの程度劣化しているのか?という事を判断する必要性があるのです。

 

 

悪質な業者もいる

 

また、これはよく言われる話なのですが、皆さんはアパートの外壁塗装の業者を考える時には、「どうにか値段を安くしたい」

という事を考えると思いますが、

安いだけではいけないわけなんですよね。例えば、フッ素等の割と良い材料を選択したとしても、業者側が材料を薄めてしまう事もあるんですよね。

こういった悪質な業者かどうか?という事って実は数年経たないとわからない事もありまして、7年〜10年程度持つような材料だったにも関わらず、

 

3年くらいで剥がれてきてしまったり、クラックが入ったりする事があるんですよね。しかし、これって最初は気がつく事が出来ないじゃないですか?

 

薄めていると、最終的に数年後にはわかるのですが、そもそも証拠というものが曖昧なわけですしその業者がその時も存在しているとは限らないわけなんですよね。

 

アパートの外壁塗装をする時には、「安くしたい」と思う心理が当然にあるのですが、実際に信頼出来る会社なのか?という事は考えなければいけないんですよね。

 

また、見積もりにしてもそうなんですよね。見積もりの時に「一式」表記ばかりをしている業者って私の主観ですが、あまり良い会社ではないように思います。

 

何をどの程度、そして何回塗りなのか?というところまできちんとした説明をしてこそ、アパートの外壁塗装って成り立つと思うんですよね。

 

悪質な業者とかって、

 

  • 塗装回数
  • 薄める
  • 乾燥を待たずしての塗装
  • 下地処理省略

 

等の方法を使って、出来るだけ安く済ませようとするわけなんですよね。そして、こういった工事をアパートの外壁塗装でされても、

 

実際には素人は気がつく事が出来ないわけなんですよね。だからこそ、きちんとした口コミから業者を選択する事が大切だと思っているのです。